*

現代クラシックギター奏法の父 part 1

”現代クラシックギター奏法の父”と呼ばれるアンドレス・セゴビアにまつわる話について書いていきます



いろいろな文献によると、セゴビアがいなかったら”奏法”にしろ、”ナイロン弦”にしろ、今僕らが見ている”現代クラシックギター”はなかったのではないか、と言われております



セゴビアは、”指の肉+爪”を使った演奏法を確立しました

より一層の音のボリュームを生み出すことに加え、それ以前にはクラシックギターでは出せなかった”音色”をもいくつか生み出すことに成功しました



”指の肉のみ”や”爪”のみの演奏方法を好むギタリストもいるのですが、やはりセゴビア式が主流です



現在活躍されているトップ・クラシックギタリストの方々は、すべて、”セゴビアの弟子か、そのまた弟子”と言われております




”All over the world I have ‘pupils’ I have never met(世界中で、私の弟子がいる)” by Segovia

よく言ったものです

:)


関連記事

01

Leyenda (Asturias)

スペインのピアニスト/作曲家 Isaac Albeniz(イサーク・アルベニス)によって書かれた曲L

記事を読む

世界ツアー

現代クラシックギター奏法の父 part 2

現代クラシックギター奏法の父 part 1 のつづきですクラシックギターを、コンサート楽器としての地

記事を読む

segovia

アンドレス・セゴビア

クラシックギターをはじめて、いろいろな動画や演奏を見たり聞いたりしていると、皆がこぞって名前を挙げる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

Castillo_de_Torija
Torija(Elegia)

Francisco Tarrega(フランシスコ・タレガ)以外にも、い

jose ramirez
どうやってスタートすべきか

まずはじめに、ギターがないと話がはじまりませんクラシックギターの選び方

初心者
初心者ならではの

僕は 26歳からはじめたクラシックギター でも書きましたが、26歳から

english
英語を習得するのに才能は一切必要なし

英語は言葉なので才能は一切必要なし。才能が関係するのなら、小さい子供は

世界ツアー
現代クラシックギター奏法の父 part 2

現代クラシックギター奏法の父 part 1 のつづきですクラシックギタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑